医療介護情報.com

医療と介護業界の幅広い情報を発信しています。基礎医学から治療、就職活動から法律改正情報まで幅広く。

心臓の位置と構造を箇条書きで分かりやすく解説します

   

Pocket

看護学生も医大生もその他の医療従事者も必ず勉強する解剖学。

今回は命に関わる心臓についてを、主要部分を超まとめる形にしました。血圧が高い・低いなどの原因も、ここを理解しているとわかりやすいので頑張って理解しましょう。

 

 

心臓の位置と外観

clip_image002

  • 心臓はほぼ手拳大の大きさで、左右の肺の間で縦隔中部に位置する
  • 心尖といい、前・左・下を指し、その底を心底といい、後・右・上を向いている
  • 重さは男性が約280g、女子は230g
  • 左右の心臓は膜性の弁膜で心房と心室とに分かれ4室からなる
  • 心尖の位置は左乳頭線上で第5肋間隙にあり、この部の胸
  • 壁表面に心拍動を触れる。心底は右上後部にあり、第2肋間隙に位置する
  • 心臓の軸は心底の中心から心尖に向かい、右後上方から左前下方に走る
  • 心室中隔には卵円窩がある
  • 心房の筋層は心室に比べて厚い

 

 

 

心臓の前面

  • 大部分が右心室によって占められている
  • 右心室の右側には上下の大動脈を伴う右心房が、左側には 左心室がある
  • 右心室からは肺動脈(幹)が出ていく
  • その分岐部の上には頭部と上肢へ向かう諸血管が (腕頭動脈・左総頚動脈・左鎖骨下動脈)の起始する大動脈弓がある
  • 肺動脈分岐部と大 動脈弓の間には動脈管索という靭帯が走っている

clip_image002[5]

(イラスト解剖学より引用)

心臓の底心底

  • 上部の大血管が入る部分を心底という。底と書くがそこではない
  • 心底は右側では主に垂直に立つ右心房によって、左側では水平に横たわる左心房によって占められている
  • 肺動脈幹は分岐して、左右の肺動脈となる。肺静脈は左心房に注ぐ
  • 左冠状溝には左冠状動脈の回旋枝が走り、心筋からの静脈血の循環路である冠状静脈洞も走る

 

心臓の下面

  • 横隔膜の上に横たわっており、大部分が左心室で占められている
  • 左右の心室の間には後室間溝の中を同中の右冠状動脈の枝が走る

 - 解剖学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

咽頭の機能と長さなどの解剖学を看護学生用まとめ

いわゆるのどは鼻腔から気管・食堂の始まりまでを言いますが、医学的には咽頭(いんと …

消化管壁の構造と唾液分泌の仕組み

消化管壁は、内腔側から粘膜・筋層・外膜の三層構造を示しています。 その3つについ …

咀しゃくに働く筋と作用の一覧表

咀嚼筋とは咀嚼に働く筋群をさし、咬筋、側頭筋、内側・外側翼突筋の4種が属する。 …

大循環と小循環の血液の流れと血液路

ヒトおよび高等脊椎動物の出生後の循環では、すべての器官に栄養を補給する大循環(体 …

心筋と骨格筋の違いと刺激伝導系の伝導経路

心筋線維は骨格筋頭どう違うの??? 心臓の大部分を占める心筋層には心臓の収縮・弛 …

膵臓の動脈・静脈と神経とリンパ管の走行のまとめ

膵臓の脈管、神経について、主要なところを解説します。 糖尿病などにも関わる部分で …

すい臓の形の分類(膵頭/膵体/膵尾)と大きさの解剖学

すい臓の形と大きさ 横に細長い長さ14~16cm、幅5cmの器官 第1~2腰椎の …

食道の解剖学 長さと位置関係を図解を使って分かりやすいまとめ

食道について、ここではその構造と機能について簡単に解説したいと思います。 図をイ …

膵臓の解剖学と位置関係と形のまとめ

膵臓は体のほぼ中央に位置しており、胃のと脊椎の前方に位置しています。 重量はおよ …

嚥下のメカニズムの先行期・準備期・食道期を流れを図解で詳しく解説

食物を飲み込むためには3つのドアと3つの部屋を通過しなければならなりません。その …