医療介護情報.com

医療と介護業界の幅広い情報を発信しています。基礎医学から治療、就職活動から法律改正情報まで幅広く。

心筋と骨格筋の違いと刺激伝導系の伝導経路

      2014/02/03

Pocket

心筋線維は骨格筋頭どう違うの???

心臓の大部分を占める心筋層には心臓の収縮・弛緩の原動力である心筋線維がある。

この心筋線維は骨格筋と同じく規則的でA帯、I帯、Z帯による横紋構造であるが、下記の点で骨格筋とは異なっている。

  1. 側枝をだし、網状に連絡しあっている
  2. 単核であり、核が線維の中軸部に出現すること
  3. 心筋線維同士の連絡は階段状を呈する介在板によって連絡している
  4. 心筋線維間には冠状動客の末端に当たる毛細血管が密な網目を作っている

 

 

刺激伝導系の伝導の流れ

心臓は全体として収縮・弛緩が行われる必要があり、このために刺激伝導系と呼ばれる特殊心筋線維が心筋内で刺激を伝導している。

clip_image002

  1. 心拍動の起こり(歩調とりという)、キースフラック結節(洞結節)に発生した興奮は、約1m/秒の速さで左右の心房に伝わる。
  2. 心房興奮洞結節の興奮で左右の心房は収縮し、一部は右心房との境界近くにある房室結節(田原結節)に伝えられる。
  3. 房室の興奮伝導さらに、興奮はゆっくりと(約1㎝/秒)心室中隔を走るヒス束(房室束)に伝えられる。
  4. 心室の興奮ヒス束の興奮は、左脚・右脚を経て、さらに細いプルキンエ線維となり、乳頭筋や心室全体に伝えられる。
  5. 心室筋の収縮左右の心室がほとんど同時に収縮する。プルキンエ線維は伝導速度は約2m/秒である。

 - 解剖学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[解剖学]心臓の弁の種類と役割のまとめ

心臓弁はうまく機能することで、血液の逆流を防いでくれており、その構造はちょっとや …

摂食と嚥下(えんげ)の過程と仕組み 簡単まとめ

食べ物を噛んで食べられる状態にすることを咀しゃくといいます。 この咀嚼も嚥下のひ …

咽頭の機能と長さなどの解剖学を看護学生用まとめ

いわゆるのどは鼻腔から気管・食堂の始まりまでを言いますが、医学的には咽頭(いんと …

膵臓の動脈・静脈と神経とリンパ管の走行のまとめ

膵臓の脈管、神経について、主要なところを解説します。 糖尿病などにも関わる部分で …

心筋・心臓壁の層の解剖学的特徴と冠状動脈・静脈

Related posts: 膵臓の導管の走行と外分泌・内分泌系の解剖学と作用 …

消化管壁の構造と唾液分泌の仕組み

消化管壁は、内腔側から粘膜・筋層・外膜の三層構造を示しています。 その3つについ …

嚥下や蠕動運動に働く筋肉や仕組みを理解して嚥下体操をしましょう!

嚥下障害があったり、誤嚥でなくなってしまう場合もあるので、特に看護や介護の方、言 …

心臓の位置と構造を箇条書きで分かりやすく解説します

看護学生も医大生もその他の医療従事者も必ず勉強する解剖学。 今回は命に関わる心臓 …

大循環と小循環の血液の流れと血液路

ヒトおよび高等脊椎動物の出生後の循環では、すべての器官に栄養を補給する大循環(体 …

食道の解剖学 長さと位置関係を図解を使って分かりやすいまとめ

食道について、ここではその構造と機能について簡単に解説したいと思います。 図をイ …