医療介護情報.com

医療と介護業界の幅広い情報を発信しています。基礎医学から治療、就職活動から法律改正情報まで幅広く。

心臓の拍出量と内圧変化はスターリングの心臓の法則に従う

   

Pocket

(1)等容性心室収縮期

心室収縮が始まり房室弁は閉鎖するが、心室容量は変わらずに(等容性)圧縮を受ける。

心房筋の興奮が心室に達し(心電図QRS波)、心室が収縮をはじめると心室内圧が上昇し、同時に房室弁(僧帽弁/三尖弁)が閉鎖し、心音図第Ⅰ音が記録される。

房室弁の閉鎖から半月弁(大動脈弁/肺動脈弁)が開くまでは心室容量は一定のまま内圧は上昇する。

 

(2)心室駆出期

心室内圧が高くなると動脈弁が開き、心室の血液は動脈へ駆出される。心室血圧と動脈血圧はほぼ等しく、この圧力が最大になる点を収縮期圧または最高血圧という。

clip_image002

 

 

(3)等容性心室弛緩期

心室の弛緩により動脈弁が閉鎖し、等容性の弛緩が始まる。この時期に心室圧は低下し、心室圧が大動脈圧より低くなった時、動脈弁が閉鎖し心音図第Ⅱ音が記録される。

 

(4) 心室充満期(流入期)

房室弁が開き、血液は心房から心室の圧差に従って流入する。

 

(5)心房収縮期

心房収縮が始まり、心室は満たされる。 〔(1)に戻り、繰り返す〕
これは洞房結節にある歩調とりの細胞の興奮が起こり収縮する。(心電図P波にあたる)

clip_image002

スターリングの心臓の法則の第1法則と第2法則

1回の拍動では駆出される血液量を1回拍出量といい、左右等しく60~70mlである。

1回心拍出量は動脈側の血圧が高くても低くてもそれには影響されず、静脈側から流入した血液が多いほど多くなる。これはスターリングの心臓の法則にしたがっているので、このようになります。

第1法則:心臓の拍出量は,拡張期の容量に正比例する

第2法則:心臓収縮に関連するエネルギーは,心拡張期における心筋繊維の長さに比例する

 - 解剖学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

消化管壁の構造と唾液分泌の仕組み

消化管壁は、内腔側から粘膜・筋層・外膜の三層構造を示しています。 その3つについ …

咽頭の機能と長さなどの解剖学を看護学生用まとめ

いわゆるのどは鼻腔から気管・食堂の始まりまでを言いますが、医学的には咽頭(いんと …

嚥下のメカニズムの先行期・準備期・食道期を流れを図解で詳しく解説

食物を飲み込むためには3つのドアと3つの部屋を通過しなければならなりません。その …

口から食道までの解剖学

口の中も場所によって呼び方があり、その部分で名称があります。 口腔、歯、舌、咽頭 …

no image
膵臓の導管の走行と外分泌・内分泌系の解剖学と作用

膵臓は、膵液を出して消化する役割をする外分泌とグルカゴンなどのホルモンを分泌する …

すい臓の形の分類(膵頭/膵体/膵尾)と大きさの解剖学

すい臓の形と大きさ 横に細長い長さ14~16cm、幅5cmの器官 第1~2腰椎の …

心臓の位置と構造を箇条書きで分かりやすく解説します

看護学生も医大生もその他の医療従事者も必ず勉強する解剖学。 今回は命に関わる心臓 …

摂食と嚥下(えんげ)の過程と仕組み 簡単まとめ

食べ物を噛んで食べられる状態にすることを咀しゃくといいます。 この咀嚼も嚥下のひ …

no image
心臓血管の血管壁の役割と構造 [解剖学]

  血管壁の役割 血管の壁は基本的には内膜・中膜・外膜の3層からなり、 …

食道の解剖学 長さと位置関係を図解を使って分かりやすいまとめ

食道について、ここではその構造と機能について簡単に解説したいと思います。 図をイ …