医療介護情報.com

医療と介護業界の幅広い情報を発信しています。基礎医学から治療、就職活動から法律改正情報まで幅広く。

刺激生成異常による洞頻脈、洞徐脈の心電図の特徴

      2014/03/06

Pocket

刺激生成異常での洞または正所性刺激生成異常についてできるだけわかりやすいように、シンプルに解説します。

 

 

洞頻脈の心電図波形の特徴 

心拍数が100BPM以上であるが、正常P波、QRS群、T波が認められ、PR間隔は0.6s以下である。

洞頻脈の特徴:P‐P間隔が0.60秒(1.5cm)以下に短縮する

 

心拍数143/分の洞性頻拍.PQ間隔は0.12秒とやや短縮している

clip_image002

 

洞徐脈の心電図波形の特徴

P波、QRS群、T波が規則正しく頻拍を示し、P波とQRS群との関連が1:1でありながら、心拍数が60BPM以下のもの

洞徐脈の特徴:P‐P間隔が1.00秒(2.5cm)以上に長くなる

 

・心拍数38/分.房室伝導は1:1でPQ間隔は0.16秒で正常になっている

sin

 

洞不整の心電図波形の特徴

洞の働きは正常であるが不整のものをいう。

洞不整の特徴:間隔はそれぞれの心拍で一定せずR-R(P-P)間隔の変動幅(最長と最短の差)が0.12~0.16s以上

 

下記の心電図を見ると、RR間隔は吸気時に短縮、呼気時に延長が認められる吸気時の最短RR間隔は0.66秒、呼気時の最長RR間隔は0.14秒である

clip_image002[10]

 - 評価・検査方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

標準12誘導心電図とは?双極誘導と単極誘導の違い

刺激伝導系の伝達経路と心電図からちょっとだけ深く掘り下げてみたいと思います。 & …

[心電図付き]異所性刺激生成異常の特徴一覧

  ①発作性心房頻拍(PAT) 心房内に突然異所性刺激発作源が出現し、 …

刺激伝導障害の心電図の異常所見の特徴

  洞房ブロックの心電図の特徴 洞結節自体は規則正しく興奮しているが、 …

心臓の刺激伝導系の伝達経路と心電図から読み取れるデータ

今回は心臓の刺激伝導系についてまとめてみます。 簡単に言えば、心臓のドクンドクン …

脈拍を触れることができる動脈と心拍数の増減に関わる因子

心室収縮期による圧が大動脈起始部に伝えられ,血液が大動脈から末梢動脈へと伝えられ …

胸部誘導の見方と波形から読み取る心臓疾患

胸部誘導は、心臓の電気的誘導を水平面に投影して異なった場所から順次に眺めて、全体 …