医療介護情報.com

医療と介護業界の幅広い情報を発信しています。基礎医学から治療、就職活動から法律改正情報まで幅広く。

糖尿病性神経症の症状

      2013/10/26

Pocket

糖尿病性神経症は、三大合併症のトリオパチーの中で最も合併頻度が高く、全糖尿病患者の40%前後に認められます。自覚症状があることから患者が最も早く気がつく合併症です。

 

また、危険因子として、血栓脂質、喫煙、肥満、高血圧が大きく指摘されています。

 

 

糖尿病性神経症の原因

神経細胞やシュワン細胞内の代謝異常、最小血管症その他の血管障害、神経組織内外の体液性環境など、高血糖状態が神経組織にもたらす種種の因子が関与しているとされている。

 

成因と分類

(1)代謝性:ポリオール経路の活性亢進とグリコーゲンの亢進
(2)血管性:神経内膜内の微小循環障害にある、神経組織の酸素、栄養供給不足
(3)神経栄養性:神経成長因子が関与していると考えられているが、まだ不明である。
(4)その他:免疫性、環境性、遺伝性

分類すると
(1)広汎性左右対称性神経障害:多発性神経障害、自律神経障害
(2)単発性神経障害:混合性脊髄神経、脳神経

 

糖尿病性神経症の症状

①感覚障害
glove and stocking型(手袋靴下型)→両手・足の感覚障害が起こる。振動覚が触覚・温痛覚よりも障害されやすい。一部胸腹部正中部にも障害される場合がある。

②アキレス腱反射の減弱・消失(症候が進行すると膝蓋腱反射も減弱)

③四肢で発汗が低下、症候が進行するとその他の多彩な自律神経障害

④運動障害は軽度

⑤神経伝達速度の遅延

clip_image002[7]

 - 内科

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
糖尿病の最適な運動回数と時間

運動時間 糖と脂質代謝改善が目的である場合は、少なくとも10分以上適切な強度の運 …

no image
糖尿病性腎症のまとめ

糖尿病の慢性三大合併症で、トリオパチ-などともいわれているなかの、腎臓にまつわる …

糖尿病の運動強度=運動がきついかどうかの指標

糖代謝改善が主な目的の場合 個々に相対的強度で運動強度を設定することが望ましい。 …

no image
糖尿病の三大合併症以外の合併症のまとめ

①糖尿病性足病変(壊疽)腐ってくること ほとんどの場合下肢に生じる。予後はよくな …

no image
Ⅰ型とⅡ型糖尿病コントロールとしての食事療法

糖尿病の治療方法は、食事療法、運動療法、薬物療法が治療の三原則となります。 食事 …

糖尿病診断基準 今までの基準と2010以降の診断基準の違い

糖尿病診断基準については、国際的には1985年のWHO報告、日本では、1982年 …

no image
糖尿病の治療としての運動療法(リハビリ)

糖尿病のリハビリとして、歩行などの運動が積極的に行われます。 今回は、その運動に …

no image
糖尿病ではどんな運動をするのか? その効果と種類について

糖尿病では歩くことをほとんどの場合進められるが、歩きでなくてもいいことはあまりし …

no image
糖尿病の急性合併症の症状のまとめ

糖尿病の一般的な症状は、以下のようなものです。 一次的な症状:全身倦怠感、口渇、 …

no image
糖尿病の運動による代謝とトレーニング効果

運動による急性代謝効果 病型、コントロールの良否、治療法により異なり、Ⅰ型では運 …