医療介護情報.com

医療と介護業界の幅広い情報を発信しています。基礎医学から治療、就職活動から法律改正情報まで幅広く。

糖尿病の最適な運動回数と時間

      2013/11/14

Pocket

運動時間

糖と脂質代謝改善が目的である場合は、少なくとも10分以上適切な強度の運動負荷が必要

 

消費エネルギーの充足を主目的とする場合は、代謝を悪化させないために、運動強度をあまり強くせず、運動時間を比較的長くする必要がある。疲労や日常生活の影響を考慮して主運動30分以上、1時間以内に納めることが適当です。

 

中等度の運動強度で有酸素的な運動を行った場合では、ウォーミングアップ、クーリングダウンの必要性を考えると、主運動となる有酸素運動は一回20分が適当と考えられる。

 

糖尿病で運動時間帯

食後30~60分経過後、血糖値やインスリン値がピークに達したときに施行される事が勧められる。
→インスリン注射後などさらに運動を付加して低血糖にいたるのを回避するため。

 

コントロールのよいⅡ型では、極端な空腹時や食事直後を避ければライフスタイルに取り込みやすい時間帯を指導するほうがコンプライアンスがよい。必要であれば、食前の補食も考慮する。

Ⅰ型の場合はインスリン注射、食事時間を考慮して運動時間帯を厳格に守らなければならない

 

糖尿病で運動頻度

急性代謝効果は数時間~1日持続し、トレーニング効果は3~4日しか持続しない。

 

よって、代謝改善を目的とした運動は、可能な限り1日2回、週3回以上実施すべきである。運動習慣が身につくまでは、週5回以上、ごく軽度の運動強度であれば毎日運動することが望ましい。

 

インスリン感受性亢進に伴う耐糖能の改善は、50~80%VO₂max、30~60分の有酸素運動を行った後に認められ2~3日間にわたり持続するとあるためこのような運動時間、頻度を設定する。

 - 内科

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

糖尿病の経口血糖降下剤とインスリンの作用・副作用のまとめ

皆さん、書籍やネットからの情報でお腹いっぱいと思うのでややこしく書かずに、単刀直 …

no image
糖尿病の三大合併症以外の合併症のまとめ

①糖尿病性足病変(壊疽)腐ってくること ほとんどの場合下肢に生じる。予後はよくな …

糖尿病性神経症の症状

糖尿病性神経症は、三大合併症のトリオパチーの中で最も合併頻度が高く、全糖尿病患者 …

no image
糖尿病の治療としての運動療法(リハビリ)

糖尿病のリハビリとして、歩行などの運動が積極的に行われます。 今回は、その運動に …

no image
糖尿病の運動による代謝とトレーニング効果

運動による急性代謝効果 病型、コントロールの良否、治療法により異なり、Ⅰ型では運 …

no image
糖尿病の急性合併症の症状のまとめ

糖尿病の一般的な症状は、以下のようなものです。 一次的な症状:全身倦怠感、口渇、 …

no image
糖尿病ではどんな運動をするのか? その効果と種類について

糖尿病では歩くことをほとんどの場合進められるが、歩きでなくてもいいことはあまりし …

no image
Ⅰ型とⅡ型糖尿病コントロールとしての食事療法

糖尿病の治療方法は、食事療法、運動療法、薬物療法が治療の三原則となります。 食事 …

no image
糖尿病性腎症のまとめ

糖尿病の慢性三大合併症で、トリオパチ-などともいわれているなかの、腎臓にまつわる …

糖尿病の運動強度=運動がきついかどうかの指標

糖代謝改善が主な目的の場合 個々に相対的強度で運動強度を設定することが望ましい。 …