咀しゃくに働く筋と作用の一覧表

解剖学

咀嚼筋とは咀嚼に働く筋群をさし、咬筋、側頭筋、内側・外側翼突筋の4種が属する。

咀嚼筋は胎生期の第1鰓弓という部分に由来し、ここに分布する神経が下顎神経(三叉神経第3枝)となるため、咀嚼筋は生後も下顎神経の支配を受ける。

各咀嚼筋の下顎運動への作用

咬筋 側頭筋 外側翼突筋 内側翼突筋
挙上
下制 主に舌骨上筋が働く。咀嚼筋は弛緩する
前進
後退
左右運動

clip_image002

(イラスト解剖学より引用)

コメント