うつ病の精神症状と制止・不安による行動と発言

心理学・精神医学

うつ病の症状も多岐に渡りますが、その精神症状と日常生活や仕事ではどんな発言をするのか、どんな状態になってしまうのかを素人の方でも分かるように、簡単にまとめてみました。

うつ病の妄想と身体症状および自律神経障害の続きになります。

 

①うつ病の精神症状とはどんなものか?

depression-94808_640

抑うつ気分

軽症:陰気、うっとうしい、重苦しい、寂しい、悲観的

重症:深刻な悲哀、空虚感、絶望が現れてくる
*重苦しさは単に気分が重苦しいだけでなく生気 感情(身体感情)の障害を伴う。

 

生気抑うつ

身体感情の障害:頭、胸、心窩のうっとうしく重苦しい圧迫感のこと

 

感情喪失感

「感情がなくなってしまったと。」

「悲しむごとができなくなった。」

「感情の動きが感じられなくなった 。」

という訴えをするようになることが多い。

日常活動とか娯楽に対する興味や歓びが失われ、自殺念慮、死への願望、自殺企図、→回復期に自殺が多い。

 

② 精神と運動の制止とは?

表情や行動も不活発となる。制止は意欲・行動の制止と、思考の制止との2つの側面がある

 

意欲・行動面の制止

軽症:
仕事をするのがおっくう、気不精になり、制止が軽いと平生から慣れた型にはまった仕事はまだできるが、判断とか新しい計画を伴うことは困難になる。

中度:
動作が鈍く緩慢となり、表情は不活発で、話しかけてもてきぱきと応答できなくなる。仕事が遅くなり、日常なら簡単にできる仕事ですら、とうていできそうにない困難な仕事のように感じられ、また決断カに欠けるようになる。

重度:
ほとんど動かず、話しかけても低い声で途切れがちに、断片的に応答するだけで、彫像のように静止しているようになる→抑うつ性昏迷

思考制止

考えが浮かばぬ、頭の働きが鈍くなったなどと訴えるようになる。

老人ばかりでなく、若年者も多い症状で、記憶カの低下を訴える。うつ病の回復とともに消失する。

思考抑止

1つの考えに支配され、他のことは何も考えることができない、考える余地がないという型のもある。

 

③ 不安、焦燥とはどういう発言をするか?

軽度:「なんとなく落ち着けない、気があせる、いらいらする」といった訴えとなり、

中度:患者はじっとしておれず、立ったり坐ったり、あるいは室内を歩きまわったりする

重度:衣服や髪をかきむしり、足ずりしながら苦痛を訴えることもある→激越うつ病

コメント