糖尿病の急性合併症の症状のまとめ


糖尿病の一般的な症状は、以下のようなものです。

一次的な症状:全身倦怠感、口渇、多飲、多尿とくに夜間尿、多食、体重減少、皮膚乾燥など

二次的な症状:知覚異常、神経痛、視力障害、皮膚掻痒感、難治性皮膚炎、易感染性、瘢痕、性欲減退、月経異常、便通異常、高血圧、心不全など

 

重篤な場合:意識障害、昏睡
*その他:糖尿病では一般的に動脈硬化性血管合併症の進展が比較的早い。

 

しかし、恐ろしいのは合併症であり、その症状を以下にまとめました。

 

 

急性合併症(未治療の糖尿病やその経過中に発症)

インスリン作用不足などによる高血糖状態を背景に発症します。

 

①糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)

  • 糖尿病の代謝状態が最も悪化した状態であり、糖尿病性昏睡の代表
  • Ⅰ型に多く、350mg/dl以上の高血糖、ケトアシドーシス、電解質喪失を伴う脱水が特徴である
  • 食事療法の不履行、重症感染症、下痢、嘔吐、妊娠などが誘引
  • 口渇、多飲、多尿、悪心を訴える。
  • 昏睡に至れば、頻脈、血圧低下、呼吸促迫を呈す

 

②高浸透圧性高血糖性非ケトン性昏睡

  • 糖尿病性昏睡の10~20%を占める
  • Ⅱ型患者、高齢者に多い
  • 意識障害は血漿浸透圧と平行
  • 高血糖、高ナトリウム血症、高度の脱水、ケトアシドーシスの欠如を特徴とする

 

③乳酸アシドーシス

  • ピルビン酸の利用低下により、尿酸が蓄積したアシドーシス
  • 循環障害を合併した場合や経口血糖降下剤使用時に問題となる
  • アシドーシスの出現は急速
  • 死亡率は50%と高い

④低血糖

  • 糖尿病治療中に生じ、頻度が高い合併症
  • 一般に血糖値が50mg/dl未満の状態が「低血糖」定義されている
  • 症状は、空腹感、いらいら、動機、冷や汗、手の震え、眠気、意識低下の後、昏睡にいたる
  • インスリン治療、経口血糖硬化剤、不適当な食事、急激な運動、長時間の運動で生じやすい
  • 運動療法施行時にも低血糖に注意が必要
  • 低血糖が認められたときは、できるだけ早く甘味飲料(150~200cc)や砂糖(グラニュー糖や角砂糖 20g)を摂り、15分程度安静にする
           

次は、慢性症状について。

コメント