糖尿病ではどんな運動をするのか? その効果と種類について


糖尿病では歩くことをほとんどの場合進められるが、歩きでなくてもいいことはあまりしられていません。

歩くことが進めれらる理由は、どこでも・簡単に・誰でもできて・運動の量がはかりやすいからなのです

今日はその運動の種類などについて。

 

運動の種類

  • 全身の筋肉をできるかぎり広範囲に使用する
  • 筋肉にリズミカルな刺激を与える
  • 運動強度の設定いつでも、どこでも、誰にもできる
  • 無理なく、楽しく、長く続けられる

*この5項目を考慮して設定する。

例えば…歩行、ジョギング、サイクリング、縄跳び

過度の競争を避ければ、ゴルフ、テニス、水泳、スキー、スケート

動的運動

歩行は有酸素運動の基本であり、最もライフスタイルに取り込みやすい。歩行スピード、場所により、運動強度や持続時間が自由に設定できる。

ジョギング、ランニングは運動強度を上げることが可能であるが、患者の運動能力を正しく把握し処方しなければ、代謝を乱す危険性がある。

水泳は、全身筋肉を使用するため最もよい有酸素運動と考えられるが、運動強度の設定が困難であり、いつでも、どこでも、誰でもできるものではない。

縄跳びは、手軽でどこでもできる反面、身体重心の持続的垂直運動が継続するため予想以上に運動強度が高く、負荷強度を一定に保つことは難しい。

 

体操

全身の柔軟性・調節力を維持させるためには、四肢体幹全体の働きを含む体操がよい。体操は体作りの基本であり、あらゆる運動のウォーミングアップとクーリングダウンにも応用できる。(ラジオ体操、テレビ体操など身近なプログラムでよい)

 

エアロビクス、ジャズダンスは、一般的には運動強度が高く、経験者や基礎体力の優れた物を除いて進められない。(最近では低強度のエアロビクスダンスもある。)

 

静的運動

重心移動を伴わないもので、等尺性収縮が中心である。フリーウエイトを使用したウエイト・トレーニングも含めて考慮したい。

 

日頃使用しない筋肉組織の機能を向上させ、有酸素運動に必要な抗重力筋群を鍛えることもできる。

コメント