解剖学

解剖学

摂食と嚥下(えんげ)の過程と仕組み 簡単まとめ

食べ物を噛んで食べられる状態にすることを咀しゃくといいます。 この咀嚼も嚥下のひとつとされていますが、咀しゃくしてから口か胃まで運ばれるまでの嚥下の仕組みについて。   本来であれば、先行期、準備期、口腔期、咽頭期、食道期の...
解剖学

嚥下や蠕動運動に働く筋肉や仕組みを理解して嚥下体操をしましょう!

嚥下障害があったり、誤嚥でなくなってしまう場合もあるので、特に看護や介護の方、言語聴覚士の方は理解しておかなければならない事項です。 ここでは、食べ物を飲み込む過程を口腔期、咽頭期、図解で解説していきます。
解剖学

咀しゃくに働く筋と作用の一覧表

咀嚼筋とは咀嚼に働く筋群をさし、咬筋、側頭筋、内側・外側翼突筋の4種が属する。 咀嚼筋は胎生期の第1鰓弓という部分に由来し、ここに分布する神経が下顎神経(三叉神経第3枝)となるため、咀嚼筋は生後も下顎神経の支配を受ける。
解剖学

消化管壁の構造と唾液分泌の仕組み

消化管壁は、内腔側から粘膜・筋層・外膜の三層構造を示しています。 その3つについて細かく見ていってみましょう。 粘膜 粘膜は、粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板および粘膜下組織から構成される。粘膜上皮は場所によって異なり口...
解剖学

食道の解剖学 長さと位置関係を図解を使って分かりやすいまとめ

食道について、ここではその構造と機能について簡単に解説したいと思います。 図をイメージすると頭に入りやすいですし、忘れないので試験対策にはキッチリと覚えましょう!
解剖学

咽頭の機能と長さなどの解剖学を看護学生用まとめ

いわゆるのどは鼻腔から気管・食堂の始まりまでを言いますが、医学的には咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)に分けられます。 ここでは咽頭についてまとめています。 咽頭は気導の一部をなしており、咽頭までを上気道、気管より先を下...
解剖学

口から食道までの解剖学

口の中も場所によって呼び方があり、その部分で名称があります。 口腔、歯、舌、咽頭、食道までをまとめてみます。
解剖学

膵臓の動脈・静脈と神経とリンパ管の走行のまとめ

膵臓の脈管、神経について、主要なところを解説します。 糖尿病などにも関わる部分ですので、医師だけで泣く従事者全員が必須の最低限必要な知識です。
NO IMAGE 解剖学

膵臓の導管の走行と外分泌・内分泌系の解剖学と作用

膵臓は、膵液を出して消化する役割をする外分泌とグルカゴンなどのホルモンを分泌する内分泌機能が中心です。 今回は、その分泌するところとその機能についてのまとめです。
解剖学

すい臓の形の分類(膵頭/膵体/膵尾)と大きさの解剖学

すい臓の形と大きさ 横に細長い長さ14~16cm、幅5cmの器官 第1~2腰椎の高さ、オヘソ位にある 薄い結合組織に覆われ、この結合組織によって腹腔の後壁に直接固定される。 膵頭、膵体、膵尾の3部に区分され、以下にその...