内科

内科

糖尿病の経口血糖降下剤とインスリンの作用・副作用のまとめ

皆さん、書籍やネットからの情報でお腹いっぱいと思うのでややこしく書かずに、単刀直入に糖尿病の薬について、超簡潔にまとめてみました。
内科

糖尿病の運動強度=運動がきついかどうかの指標

糖代謝改善が主な目的の場合 個々に相対的強度で運動強度を設定することが望ましい。インスリンの感受性を改善し、筋組織のグルコース利用率を高めるためには40~60%VO₂maxの運動強度が望ましいとされている。 ↓ ・インスリン...
NO IMAGE 内科

糖尿病の最適な運動回数と時間

運動時間 糖と脂質代謝改善が目的である場合は、少なくとも10分以上適切な強度の運動負荷が必要   消費エネルギーの充足を主目的とする場合は、代謝を悪化させないために、運動強度をあまり強くせず、運動時間を比較的長くする必要があ...
NO IMAGE 内科

糖尿病ではどんな運動をするのか? その効果と種類について

糖尿病では歩くことをほとんどの場合進められるが、歩きでなくてもいいことはあまりしられていません。 歩くことが進めれらる理由は、どこでも・簡単に・誰でもできて・運動の量がはかりやすいからなのです。 今日はその運動の種類などについて。 &...
NO IMAGE 内科

糖尿病の運動による代謝とトレーニング効果

運動による急性代謝効果 病型、コントロールの良否、治療法により異なり、Ⅰ型では運動による代謝改善に必要なインスリン供給が不可能で、ケトーシスを伴う場合では、血糖、FFA、ケトン体の高値など、代謝改善はかえって悪化する。 Ⅱ型では、運動に...
NO IMAGE 内科

糖尿病の治療としての運動療法(リハビリ)

糖尿病のリハビリとして、歩行などの運動が積極的に行われます。 今回は、その運動についての概要を述べていきます。 糖尿病の運動の目的 身体活動により、耐糖能やインスリン作用機構を改善し、糖尿病をコントロールすること。 ...
NO IMAGE 内科

Ⅰ型とⅡ型糖尿病コントロールとしての食事療法

糖尿病の治療方法は、食事療法、運動療法、薬物療法が治療の三原則となります。 食事・運動療法が適切に行われるにもかかわらず、十分なコントロールが得られない場合に薬物療法が行われるという流れになります。   その大まかなまとめを...
NO IMAGE 内科

糖尿病の三大合併症以外の合併症のまとめ

①糖尿病性足病変(壊疽)腐ってくること ほとんどの場合下肢に生じる。予後はよくない。 合併症の高度なものに発生する頻度が高い。 全身性の糖尿病性血管障害の一部症状 三大原因:神経障害(末梢、自律神経)、末梢循環障害...
内科

糖尿病性神経症の症状

糖尿病性神経症は、三大合併症のトリオパチーの中で最も合併頻度が高く、全糖尿病患者の40%前後に認められます。自覚症状があることから患者が最も早く気がつく合併症です。   また、危険因子として、血栓脂質、喫煙、肥満、高血圧が大き...
NO IMAGE 内科

糖尿病性腎症のまとめ

糖尿病の慢性三大合併症で、トリオパチ-などともいわれているなかの、腎臓にまつわるところですが、目や壊疽といったところではないので軽視されがちです。     糖尿病性腎障害とは、どんな病気ですか? 生命予後にかかわ...