2013-11

解剖学

咀しゃくに働く筋と作用の一覧表

咀嚼筋とは咀嚼に働く筋群をさし、咬筋、側頭筋、内側・外側翼突筋の4種が属する。 咀嚼筋は胎生期の第1鰓弓という部分に由来し、ここに分布する神経が下顎神経(三叉神経第3枝)となるため、咀嚼筋は生後も下顎神経の支配を受ける。
解剖学

消化管壁の構造と唾液分泌の仕組み

消化管壁は、内腔側から粘膜・筋層・外膜の三層構造を示しています。 その3つについて細かく見ていってみましょう。 粘膜 粘膜は、粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板および粘膜下組織から構成される。粘膜上皮は場所によって異なり口...
解剖学

食道の解剖学 長さと位置関係を図解を使って分かりやすいまとめ

食道について、ここではその構造と機能について簡単に解説したいと思います。 図をイメージすると頭に入りやすいですし、忘れないので試験対策にはキッチリと覚えましょう!
解剖学

咽頭の機能と長さなどの解剖学を看護学生用まとめ

いわゆるのどは鼻腔から気管・食堂の始まりまでを言いますが、医学的には咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)に分けられます。 ここでは咽頭についてまとめています。 咽頭は気導の一部をなしており、咽頭までを上気道、気管より先を下...
解剖学

口から食道までの解剖学

口の中も場所によって呼び方があり、その部分で名称があります。 口腔、歯、舌、咽頭、食道までをまとめてみます。
内科

糖尿病の経口血糖降下剤とインスリンの作用・副作用のまとめ

皆さん、書籍やネットからの情報でお腹いっぱいと思うのでややこしく書かずに、単刀直入に糖尿病の薬について、超簡潔にまとめてみました。
内科

糖尿病の運動強度=運動がきついかどうかの指標

糖代謝改善が主な目的の場合 個々に相対的強度で運動強度を設定することが望ましい。インスリンの感受性を改善し、筋組織のグルコース利用率を高めるためには40~60%VO₂maxの運動強度が望ましいとされている。 ↓ ・インスリン...
NO IMAGE 内科

糖尿病の最適な運動回数と時間

運動時間 糖と脂質代謝改善が目的である場合は、少なくとも10分以上適切な強度の運動負荷が必要   消費エネルギーの充足を主目的とする場合は、代謝を悪化させないために、運動強度をあまり強くせず、運動時間を比較的長くする必要があ...
NO IMAGE 内科

糖尿病ではどんな運動をするのか? その効果と種類について

糖尿病では歩くことをほとんどの場合進められるが、歩きでなくてもいいことはあまりしられていません。 歩くことが進めれらる理由は、どこでも・簡単に・誰でもできて・運動の量がはかりやすいからなのです。 今日はその運動の種類などについて。 &...
NO IMAGE 内科

糖尿病の運動による代謝とトレーニング効果

運動による急性代謝効果 病型、コントロールの良否、治療法により異なり、Ⅰ型では運動による代謝改善に必要なインスリン供給が不可能で、ケトーシスを伴う場合では、血糖、FFA、ケトン体の高値など、代謝改善はかえって悪化する。 Ⅱ型では、運動に...