解剖学

大循環と小循環の血液の流れと血液路

ヒトおよび高等脊椎動物の出生後の循環では、すべての器官に栄養を補給する大循環(体循環) が、ガス交換のための小循環(肺循環)が区別される。
NO IMAGE 解剖学

心臓血管の血管壁の役割と構造 [解剖学]

  血管壁の役割 血管の壁は基本的には内膜・中膜・外膜の3層からなり、これらの層は動脈で最も顕著であって、互いにはっきりと区別できる。 内膜 主に血管壁を通る物質。液成分およびガス交換に役立ち、血管の縦軸に沿って並ぶ単層の...
解剖学

心筋・心臓壁の層の解剖学的特徴と冠状動脈・静脈

解剖学

[解剖学]心臓の弁の種類と役割のまとめ

心臓弁はうまく機能することで、血液の逆流を防いでくれており、その構造はちょっとややこしいですよね。 今回は心臓の重要な役割を果たしている心臓の弁についてです。     左房室弁・右房室弁・大動脈弁・肺静脈弁の構造...
解剖学

心臓の位置と構造を箇条書きで分かりやすく解説します

看護学生も医大生もその他の医療従事者も必ず勉強する解剖学。 今回は命に関わる心臓についてを、主要部分を超まとめる形にしました。血圧が高い・低いなどの原因も、ここを理解しているとわかりやすいので頑張って理解しましょう。
NO IMAGE 心理学・精神医学

躁病の妄想などの精神症状と身体症状

そう病について、その多くに認められる所見を列挙してみました。
NO IMAGE 心理学・精神医学

うつ病のタイプ 病型について

うつ病の病気や状態の分類についてはさまざまな議論がありますが、それは専門分野の方面の話です。一般的な状態を知りたいのであれば、その当たりは気にしなくていいかと思います。  
NO IMAGE 心理学・精神医学

うつ病の診断基準 DSM-Ⅲによる基準とⅣの障害概念

精神障害の診断と統計の手引き(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders、DSM)というものがあります。 診断について年を重ねるごとに新しい基準が設けられており、現在は5にな...
心理学・精神医学

うつ病の妄想と身体症状および自律神経障害

うつ病の精神症状と抑止・不安な訴えについて の続きで、今回はうつ病の妄想と身体症状を中心とした障害についてです。 不眠や疲れが取れないといった訴えが多くなってきた場合は、要注意ですので早めの対策をしましょう。 ④うつ病性妄想...
心理学・精神医学

うつ病の精神症状と制止・不安による行動と発言

うつ病の症状も多岐に渡りますが、その精神症状と日常生活や仕事ではどんな発言をするのか、どんな状態になってしまうのかを素人の方でも分かるように、簡単にまとめてみました。 うつ病の妄想と身体症状および自律神経障害の続きになります。 &#16...